【情報更新日: 2017年3月26日】

CPUスコア一覧

当サイト掲載中のゲーミングPCに採用されているCPUのスコア一覧は以下の通りだ。

名称クロックコア数スコアデスクトップノート
Intel Core i7-6950X3.0101974017
Intel Core i7-6900K3.281710022
Intel Core i7-6850K3.661537032
Intel Core i7-6800K3.461446037
Intel Core i7-7700K4.24134306311
Intel Core i7-5930K3.56132501
Intel Core i7-6700K4.041230023
Intel Core i7-77003.641191016112
Intel Core i7-67003.441020098
Intel Core i7-47903.6494403
Intel Core i7-7920HQ3.1482501
Intel Core i5-7600K3.84815013
Intel Core i7-7820HK2.9480604
Intel Core i7-7700HQ2.84770050
Intel Core i7-6820HK2.7475302
Intel Core i5-76003.5473904
Intel Core i7-6700HQ2.64719078
Intel Core i5-75003.447140483
Intel Core i5-66003.3468201
Intel Core i3-71003.92660017
Intel Core i5-65003.24658026
Intel Core i5-74003.046120413
Intel Core i3-61003.7261007
Intel Core i5-45903.3460701
Intel Pentium G45603.5255901
Intel Core i5-64002.7453504
Intel Core i5-7300HQ2.5453001
Intel Core i5-6300HQ2.3451501
Intel Core i5-4210M2.6233002
Intel Core i7-6500U2.5228301

クロック

単位はGHzでCPUの秒間あたりの処理回数(速度)を表す。ゲーミング用途の場合、クロックが高いほどパフォーマンススコアが高くなる傾向があり、一般に高クロックCPUの採用が好まれる。

コア数

CPUの並列処理能力を表す。Core i3、Core i7 のHT(ハイパースレッドテクノロジ)対応CPUの場合、1つの物理コアを仮想的に2つの論理コアとして扱うことができ、並行処理能力が更に上昇する。

ゲーミング用途の場合、最上位クラスの多コア(6コア以上)に最適化されたゲームタイトルは少なく、パフォーマンススコアに対する影響力は薄く、CPUのコストパフォーマンスは悪い傾向がある。

スコア

CPUのゲーム用途におけるパフォーマンススコア。スコアは著名ベンチマーク3DMarkシリーズのFutureMark社が公開しているスコアに基づき、スコアが公開されていないモデルについては当サイトが独自調査により値を設定している。