【情報更新日: 2017年1月21日】

ゲーミングPCスペック診断MyパソコンG-Tune MASTERPIECE i1710PA2431,784円(税込)

マウスコンピューター 『G-Tune MASTERPIECE i1710PA2』は、ゲーミング用途で高いスコアをたたき出す「Intel Core i7-6800K」と、他のGPUを寄せ付けない圧倒的なパフォーマンスを誇る「NVIDIA TITAN X」を搭載し、その価格からも威厳を感じずにはいられないハイエンドクラスのゲーミングPCだ。

このページでは『G-Tune MASTERPIECE i1710PA2』のスペックや価格を、他モデルやゲーム推奨スペックとの比較を交えながらチェックしていく。

ゲーム

推奨スペックを満たすゲームタイトル

当サイト取り纏めのPCゲームタイトルの推奨スペックと当パソコンスペックを照らし合わせせつつ、各ジャンルごとに推奨スペックを満たすタイトルをいくつかピックアップしてみた。当サイトのPCゲーム検索や、My ゲーム選択機能を利用すれば、当パソコンが所定タイトルの推奨スペックを満たすか否かが簡単にチェックできるので活用してもらいたい。

PCゲーム検索でスペックチェック

MMORPG

PCオンラインゲームにおいて、未だ不動の人気を誇るジャンルと言えばMMORPGだ。高スペックを要求しない、歴史のある人気タイトルも数多く揃っており、エントリー~ミドルクラスのゲーミングPCでもプレイが十分に楽しめるため、ゲーム人口が多いのもこのジャンルの特徴だ。

完全スキル制で冒険・生産・戦闘を楽しめる。10年以上の歴史を誇るアクションMMORPG。
メーカー・運営 ジャンル
Willo 基本無料オンラインMMORPGアクション3D
CPU GPU DirectX / VRAM メモリ
Core i3 以上OK GeForce 以上OK DX9.0c 以上OK 2GB 以上OK
陸海空の冒険をはじめ、充実した生活要素、120種類もの職業、数百人規模の戦争など、ケタ違いの自由度がウリのMMORPG。
メーカー・運営 ジャンル
ゲームオン 基本無料オンラインMMORPG3D
CPU GPU DirectX / VRAM メモリ
Core i5 以上OK GeForce GTX 1050 以上OK DX9.0c / 1GB 以上OK 4GB 以上OK

RTS

FPSと並んで、マルチプレイ対戦が盛んなジャンルのRTS。画質クオリティにこだわらなければ総じて要求スペックは高くないが、極めていくと高速なレスポンス、精度の高いマウス裁きとコマンド入力が必要なってくる。このジャンルでこそ高解像度、大画面のモニタで挑みたい。

すべてが存在するもう一つの宇宙。進化し続けるSF-MMO。
メーカー・運営 ジャンル
nexon 月額課金オンラインMMOシミュレーションRTS
CPU GPU DirectX / VRAM メモリ
Core i7 以上OK GeForce GTX 1050 以上OK DX9.0c / 1GB 以上OK 4GB 以上OK

FPS

ハイエンドクラスのゲーミングPCが真価を発揮するジャンルの代名詞と言えるFPS。近年のオンラインサービス型FPSでの人気は落ち着いた感があるが、パッケージタイトルの良作は続々と発表されており、シングルプレイはもとより、熱いマルチプレイ対戦を楽しむことができる。

最大1000vs1000の大規模戦闘が可能な基本無料オンラインMMOFPS。
メーカー・運営 ジャンル
SONY ONLINE おすすめ基本無料オンラインMMO3DFPS
CPU GPU DirectX / VRAM メモリ
Core i5 以上OK GeForce GTX 750 Ti 以上OK 1GB 以上OK 8GB 以上OK
電脳世界へ、ダイブせよ―。攻殻機動隊の世界観をベースにした近未来FPS。
メーカー・運営 ジャンル
NEXON おすすめ基本無料オンラインFPS
CPU GPU DirectX / VRAM メモリ
Core i5 3.5GHz 以上OK GeForce GTX 1060 以上OK DX9.0c 以上OK 8GB 以上OK

価格

価格推移

『G-Tune MASTERPIECE i1710PA2』の設定価格 431,784円は直近で変化がないか? 当パソコン及び、同スペック相当モデルの直近60日の価格推移を見ながら購入タイミングについて考察する。

まず、当パソコン(同一モデル名のマイナーチェンジを含む)の価格推移を見る。

432500430000427500425000420000← 60日前最新 →

グラフの青線は現在価格、赤線が日別の設定価格となる。グラフに示した通り、直近60日の価格は 420,984→431,784円の値上げ改定が発生し、その後価格を維持している。

値上げ後の最新価格 431,784円と予算感の擦り合わせが難しい場合、購入タイミングを検討する必要があるかもしれない。もし急を要していないのならば価格改定のタイミングを待ち、他モデルを含めて価格感を再度見直すのも良策のひとつだ。いずれにせよ購入タイミングを先送りする場合、不意のマイナーチェンジ・在庫切れ・販売期間終了による取り逃しのリスクがあるので、月替わりの近い月末等は特に、購入タイミングを見誤らぬようにしたい。

次に、同スペック相当モデルの直近60日の最安価格推移を見ていく。

432500427900423300418700409500← 60日前最新 →

グラフでは、CPU・GPU等の主要構成に関しては同一、メモリ・HDD・SSD等その他の構成要素に関してはそれ以上のモデルを「同スペック相当」とし、その内の最安価格を表した。最安価格の直近60日は410,184~431,784円を推移しており、このグレードでは、各メーカー・モデルで相応の動きがあることがうかがえる。

推移価格は現時点において最高値となっており、このスペック帯をなるべく安価で購入したい、という要求が叶えられるかどうかは微妙な状態だ。セール等の価格改定に期待しながら、予算感の擦り合わせが可能かの検討をじっくり進めていきたい。

スペック

主要諸元

『G-Tune MASTERPIECE i1710PA2』の主要諸元は以下の通り。

CPUIntel Core i7-6800K (3.4 - 3.6GHz / 6コア / Broadwell-E)
GPUNVIDIA TITAN X (12GB)
メモリ32GB (PC4-19200 / DDR4-2400)
HDD3TB
SSD960GB
光学ドライブDVD
電源ユニット80PLUS BRONZE 700W

並んだスペックを見ていくと、メモリはゲーミングPCのスタンダードとなる8GBと比べて大容量の32GBを装備し、余裕のある構成となっている。採用されているのはPC4-19200/DDR4-2400の高速メモリなので、全体パフォーマンスの底上げが期待できる。更に、ストレージがHDD及びSSDのダブル搭載な点はポイントが高い。利用頻度の少ない日常データはHDD側に、ゲームのデータやOS等のスピードや頻度を求められるデータをSSD側に保存すれば、合計3.96TBとなるストレージ容量を有効活用することが可能だ。それらに加えて、光学ドライブが標準搭載で、ゲームをパッケージ購入した際のメディアからのインストールの敷居が低いのが魅力だ。このように当パソコンは多くのメリットポイントを兼ね備えた、使い勝手のある構成に仕上がっている。

NVIDIA TITAN X

当パソコンに搭載の「NVIDIA TITAN X」は、最新世代 Pascal アーキティクチャ採用のハイエンドクラス向け最上位GPUだ。

下位モデルGTX 1080発売時の超パフォーマンス性能は「新時代の王者誕生」として多くの話題を呼んだが、その後リリースされたTITAN Xはスコアを更に30%上乗せする圧倒的パフォーマンスで真の王者が誰かを見せつける結果となった。

その価格も王者故に「でもお高いんでしょう?」そのまま。ボード単体で10万超えは当たり前、搭載マシンは30万円前後からと性能だけでなく価格帯も安易に手出しできない「高さ」とはなっている。だが、従来最上位シリーズでの遍歴を見たとき、Pascalアーキティクチャ世代の群を抜いた性能の伸び率と価格バランスを考えると、むしろ割安感さえ感じられるのは事実だ。

Pascal世代で十分に上位GPUのコストパフォーマンス良好な時代となった今、身近になってきたスーパーハイエンドマシン。その最強マシンにTITAN Xは欠かせない。

NVIDIA TITAN X : 他GPUとのスコア対比
TITAN X SLI
GeForce GTX 1080 SLI
GeForce GTX 1070 SLI
TITAN X
GeForce GTX 1080
GeForce GTX 970 SLI
GeForce GTX 1070
GeForce GTX 980
GeForce GTX 1060
GeForce GTX 970
GeForce GTX 960
GeForce GTX 1050 Ti
GeForce GTX 1050
GeForce GTX 950
GeForce GTX 750 Ti
GeForce GTX 750
-50%+50%+100%+150%

Intel Core i7-6800K

当パソコンに搭載の「Intel Core i7-6800K」は定格3.4GHz、最大3.6GHzの高クロック動作を誇る、ハイエンドデスクトップ向けCPUの第5(最新)世代(Broadwell-E)のCPUだ。

ゲーミング用途におけるスタンダードと言えばCore i7シリーズ。実際、各メーカーゲーミングモデルの大多数はCore i7を採用している。日常用途+αの動作においてもパフォーマンスをいかんなく発揮し、ゲームだけでなく動画編集や大量データ処理の作業もストレスなくこなしてくれる。

Broadwell-Eシリーズの先鋒を務める6800Kは、多コアニーズのメリットを抑えつつゲーミング用途ニーズの高クロックのバランスも良い、ハイエンドを視野に入れるPCゲーマーに当サイトとして是非お勧めしたいCPUだ。スコアの対比から言っても上位CPUとの差は僅かで、価格もお手頃。各メーカーからの搭載モデルも徐々に増えつつあり人気を伸ばしている。TDPが140Wと他の上位モデルと並ぶ高さなのがネックではあるが、様々な処理で6コアの恩恵が受けられる魅力は更に大きいと言える。

Intel Core i7-6800K : 他CPUとのスコア対比
Core i7-6950X
Core i7-6850K
Core i7-6900K
Core i7-5930K
Core i7-6800K
Core i7-7700K
Core i7-6700K
Core i7-7700
Core i7-6700
Core i7-4790
Core i5-7600K
Core i5-7600
Core i5-7500
Core i5-6600
Core i5-6500
Core i5-7400
Core i5-4590
Core i5-6400
Core i3-7100
Core i3-6100
Pentium G4400
-50%+50%+100%+150%

ゲーミングPCの流行をなぞると、GPU豪華一点主義を正とする時代は確かに存在した。しかし、現在の傾向で言えばCPUはもう一翼のマシンの心臓部としての貢献比重が大きく、GPUやその他構成とのバランスを取ることがより重要になってきている。カスタマイズやスペック選定の際に一点に比重を置きすぎて他方でボトルネックを生み出し、コストメリットを失ってしまうことが無いよう心掛けたい。

電源ユニットと消費電力

電源ユニット選びのポイント

電源ユニットの大半はその容量の50%前後の電力供給をしている時に最もパフォーマンスが発揮されるよう設計されている。 電源ユニットの容量を超える消費電力でパソコンが不安定になるのはもちろん、容量がぎりぎりで足りていていたとしても変換効率の悪い高負荷での稼働を続けることにより、電源ユニットを含むパソコン全体の経年劣化が早まる可能性がある。 このため、電源容量が構成とマッチしているかどうか? のチェックもゲーミングPC選びでは重要なポイントのひとつだ。

消費電力は処理内容によって常に変動するため、平均消費電力を算出することは難しいが、ゲーム主体の利用においては最大消費電力の50%~75%の範囲内にある電源ユニットの選択が"50%前後の安定稼働"における指標とすると良いだろう。

最大消費電力との比率

おおよその最大消費電力は以下の式で算出できる。

(CPUのTDP x 1.5) + GPUの最大消費電力 + その他の消費電力 = 最大消費電力

計算式に、搭載されている「Intel Core i7-6800K」のTDPと、「NVIDIA TITAN X」の最大消費電力、その他のパーツやUSB給電の電力をあてはめると、

(140 x 1.5) + 250+ 125 = 約585W

最大消費電力は約585W。当パソコンの電源ユニット容量 700W と比較した割合は約84%で、指標を上回っており電源に余裕が見られない構成となっている。当初の安定稼働については問題無いが、電源の経年劣化の際に必要な電力を安定供給できず動作が不安定になる可能性もある。長期利用を想定している場合や、後の拡張を予定するならばより大容量の電源ユニットへのカスタマイズをお勧めしたい。

総括

マウスコンピューター G-Tune MASTERPIECE i1710PA2 431,784円(税込)

89
価格7.5
対応タイトル10
CPU10
GPU10
電源6
その他構成10

当ページの内容は適時更新しているものの、メーカーサイトより情報を取得した時点の価格・スペックに基づいたものであり、最新情報と内容が異なる事もある点をご了承いただきたい。 更に安い価格へ改定されていたり、無料アップグレードでスペックがより良いものとなっている場合もあるので、下記リンクから、その目で最新の価格や、詳細情報をチェックしてほしい。

最新の詳細情報はコチラicon